【無料】Google Chromeのデベロッパーツールで真っ白ページの原因を特定する方法

デベロッパーツール エラー 解決 特定

前回の記事で、WordPressの画面が真っ白になった場合に、画面にエラーメッセージを表示させることで、原因を特定し解決する方法をお伝えしました。

今回の記事では、エラーメッセージを表示させるように設定したが、「まだ真っ白ページのまま」の方向けにGoogle Chromeの「デベロッパーツール」を用いた特定方法を解説します。

おみつさん

前回はエラーメッセージが特定のヒントになったけど、今回はデベロッパーツールに書いてあるエラーメッセージをヒントに真っ白ページの問題を特定してくよ。

目次

[無料]Google Chrome デベロッパーツールとは

デベロッパーツールとはGoogle Chromeに標準搭載された、開発者ツールのことを言います。このツールはWEB系の開発などでかなり重宝します。WEBページで起きている問題や、APIの呼び出し結果など様々なことがデベロッパーツールでわかります

さっそくデベロッパーツールを起動し、WEBサイトの問題を確認してみましょう。

Windowsでデベロッパーツールを起動する

Google Chromeブラウザの右上の縦に三つ点が並んでいるアイコンを押します。

[その他のツール] > [デベロッパーツール]を押します。

終了したい場合は再度同じボタンを押すことでデベロッパーツールを解除できます。

ちなみに[F12]を押すことで、一発でデベロッパーツールを開くことができます。

[F12]がキーボードにない方は [Ctrl] + [Shit] + [i]でも開くことができます。

Macでデベロッパーツールを起動する

Macの場合もWindowsの場合と同様、右上の縦に三つ点が並んでいるアイコンを押します。

続いて、[その他のツール] > [デベロッパーツール]を押します。

Macの場合は[command] + [option] + [i]でもデベロッパーツールを開くことができます。

デベロッパーツールで真っ白ページの原因を確認する

では、真っ白ページを開いた上でデベロッパーツールを起動してみましょう。

デベロッパーツールの確認する場所

真っ白ページのエラーは「Consoleタブ」を開くことで確認できる場合があります。

Google Chrome デベロッパーツール

黄色の文字のDevToolsと書かれている行を確認します。「テーマのソースマップの読み込みに失敗したよ」といっています。つまり、テーマを疑うことができます。今回のエラーメッセージは真っ白ページを引き起こす原因にはなりませんが、このようなエラーメッセージがヒントになることがあります。

赤文字がエラーで、黄色は一般的に「警告」です。
警告は特に問題にならないことが多いですので、気にしなくても問題ありません。

真っ白ページを対処する

管理画面に入れる場合は、バックアップを取ったうえで「WordPress本体」や「プラグイン」に新しい更新がきていないか確認しましょう。更新がある場合は更新を実施し、真っ白ページが解消されたかご確認ください。

WordPressのアップデートが失敗するケースはあまりないと思いますが、プラグインが更新に失敗することは稀にあります。その場合は、該当のプラグインを一時停止してみてください。プラグインが問題だった場合は、一時停止することで真っ白ページが解消されることがあります。

そもそも管理画面に入れない場合は、サーバーのファイルマネージャーなどを使ってテーマやプラグインを削除(リネーム)することで症状が改善することがあります。

以上のことをやってみても改善しない場合は、コメントでお知らせください。個別で問題を見てみます。

おまけ(CocoonからSWELLへ)

少しニッチな話かもしれませんが、CocoonからSWELLへの乗り換え手順を誤ると、真っ白ページが表示されるケースがあるようです。CocoonからSWELLに乗り換える際に、乗り換え用のプラグインを利用せず、SWELLを適用しCocoonをテーマから削除した場合に、真っ白ページが表示されることを確認しております。

その場合は、Cocoonを再インストールし、有効化します。その後、乗り換え用プラグインを導入した状態でSWELLを適用すれば、真っ白ページが解決します。

解決しなかった場合はコメントでお知らせください。問題を検証してみます。

まとめ

今回はGoogle Chromeブラウザに付属している「デベロッパーツール」を用いて、真っ白ページの原因を特定する方法をご紹介しました。真っ白ページには様々な原因がありますが、「テーマ」と「プラグイン」によって引き起こされることがほとんどです。

今回ご紹介した方法で原因を特定し、適切な方法で対処すれば真っ白ページだけでなく、その他のエラーが発生した場合も難なく対処できるようになるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次